鬱チェックで自分の今の状況を知ろう|症状から最適な治療を導き出す

症状を診断する方法

看護師と医者

ネットで診断できます

うつ病になってしまうとやる気や喪失感が強くなるために仕事や学校に行くのが困難になってしまいます。そのため早急に心療内科で治療を開始する必要が出てきます。自分が鬱かもしれないと思った時は最初に自己診断をすることを推奨します。自己診断は自宅のパソコンによってうつ病の診断サイトでもチェックできます。鬱のチェック方法には様々な項目があります。例えば日中に悲しくなる事が多い場合は鬱に当てはまる可能性が高くなります。他にも寝不足ではないのに一日中、寝ていたい気持ちが強かったり、食事をする意欲が起きない場合などは鬱の症状の可能性があります。また、他人と会話をしているときに自責の念が強くなるケースも鬱の症状の1つに含まれます。さらに、夜に悩み事が気になって眠れないケースもうつ病の初期症状の可能性があります。ネットで鬱の診断をチェックをしていって、自分の症状に当てはまる項目が多い場合については早急に心療内科を受診することを推奨します。病院を通院する時期が早いほど回復も早くなります。

病院での治療をしましょう

自分がうつ病かも知れないと感じた時は、ネットで鬱か否かの自己診断をすると良いでしょう。この場合において注意する事は、ネットだけの情報を盲信しないことです。例えば鬱の診断チェックで当てはまる項目が少ないケースであっても、うつ病を発症している場合があります。反対にネットでの鬱の診断チェックに当てはまる項目が多い場合であっても、うつ病ではなく単に一時的に疲れが溜まっているだけのケースも存在します。特にネットの無料診断では医療機関の診断ではないサイトがあるために、参考程度の情報として頭に入れておくと良いでしょう。自分が本当にうつ病かどうかが気になった場合については、心療内科の診断を受診することを推奨します。心療内科ではカウンセラーや精神科医がしっかりと問診や検査等を行います。また血液検査などを行う場合もあります。これらの様々な精密な検査を経て、本当に鬱の状態かどうかをチェックします。そしてうつ病だと判明した場合は、薬による治療が開始する事が一般的です。