鬱チェックで自分の今の状況を知ろう|症状から最適な治療を導き出す

自分の性格はどうなのか

女性

判断をするポイント

鬱病にかかっているかいないかを判断する材料としてチェックシートを用いた判断方法があります。企業に義務づけられた精神診断もチェックシートや医師の問診で行われることになっています。鬱病のチェックポイントとしては気持ちが晴れなかったり、毎日気持ちが塞いでしまう、イライラして怒りっぽい、思考力や決断力の低下、興味がなくなる、食欲の低下、不眠などいろいろとチェックをするポイントがあります。これを自分の性格と照らし合わせて鬱病になっているかいないかの判断材料とします。人の性格にもいろいろとあって、几帳面や凝り性の執着的な性格、秩序を重視したり几帳面な親和型、依存的で社会への適応性が下手な未熟性格、穏やかで苦労性だが興奮しやすいといった、循環気質などいろいろなものがあります。これらの性格と比較して鬱病なのかそうでないのか診断していきます。チェックシートなどに正確に答えることでもし病気になっていた時に、病気の判断がスムーズに行うことができ適切な治療を行うことができます。

専門的な病院で

鬱病はれっきとした病気です。また鬱病を起こしてしまいやすい病気もあります。虚血性の心疾患やパーキンソン病、脳卒中や脳梗塞、認知症や糖尿病などこれらの病気を発症していないかをチェックすることも大変に重要なことになってきます。鬱病と合併しやすくなっている障害もあります。不安障害や摂食障害、パニック障害や強迫性障害などこれらの障害は長引いてしまえば鬱病を発症してしまう原因ともなります。これらの障害があれば障害を早急に取り除く必要が出てきます。またストレスのためすぎも精神状態にはよくありません。適度に気分転換を行って、精神の安定を図ることが大切です。適切な病院で診察を受けることも重要で、心療内科や精神神経科などの専門的な場所で診断を受けることも重要です。鬱病にかかる人の中には頭痛など体の症状として出てくることがある人もいます。内科などで診断を行って適切な診断や治療を行うことができなくなることもありますので、チェックポイントをよく確認して病院に行くように心がけてください。