鬱チェックで自分の今の状況を知ろう|症状から最適な治療を導き出す

自分を肯定する

女医

絶対にならないと思わない

最近どうしても気分が乗らないことが多い、落ち込んでしまう、何をしても楽しめない、ということが続いているという方は、一度鬱病を疑ってみる必要があります。最近は、インターネットで鬱病について検索をすると、簡単な質問に答えていくことで、自分が鬱病なのかどうかをチェックすることができるサイトがたくさんあります。気軽にできることなので、一度そのようなサイトでチェックしてみるといいと思います。鬱病だと自分が気づくことで、悪化させずに済むこともありますし、自分は絶対に鬱病にはならないと思い込んでしまうことが一番病気を悪化させてしまうことなので、まずは自分を疑ってみる、ということもたまには必要なのです。一度鬱病かもしれないという自分を受け入れることが大切です。インターネットで検索をすればサイトがいくつか出てくるので、その中から使いやすそうなサイトを選んでみて、あとはどんどん質問に答えていくだけです。それだけで簡易なことですがだいたい自分の心理状況がわかります。

病院へ行くこと

自分の心理状況をしっかりとわかってあげることで、自分のことを理解することができます。鬱病になってしまう原因として、自分を自分で責めてしまうことがひとつ挙げられます。もちろん、原因は人によって様々ですが、自分が悪いと思ってしまうことでどんどん病気にハマっていってしまいます。そうならないためにも、自分を客観視することや今の生活でどんなときにストレスを感じるのか、どんなことが嫌なのかということをわかっておくことで、症状を医者などにも話しやすくなりますし、自分のことをわかるようになります。そのためにも、ネットでまずはチェックをして、そのあとにきちんと病院へ行くことをオススメします。心療内科なども最近は非常に通いやすくなっています。リラックスした雰囲気の病院が多いので、病院へ行ってしっかりとしたチェックをしてもらうことです。早く気づき、早く自分の鬱病になってしまった原因を探ることにより、初期のうちに病気から抜け出せることも多々あります。不安にならずに相談することが一番です。