鬱チェックで自分の今の状況を知ろう|症状から最適な治療を導き出す

現代社会と心の問題

悩む女性

心の病の症状

現代は鬱にかかる患者人口が非常に増えていると言われています。特に都市部にある精神科や心療内科では、患者が多くてなかなか予約が入れられない状態になっています。かつては鬱病のような心の病は、本人が悪い、本人の心の持ち様でなんとかなるという、間違ったイメージが定着していました。現代は、一般的にもより理解が進み、鬱は個人の問題だけでなく社会全体で解決していく問題としてとらえられています。学校や職場でも、生徒や従業員の鬱チェックや対応が義務づけられているような時代になっています。精神的に辛くても病院に行くまでは酷くないのではないかと考えてしまうのが多くの人の考えです。クリニックにかかるかどうかを判断するチェックは、多くの鬱や心の病を扱った書籍やサイトなどで公開されています。例えば、食事がおいしく感じられない、以前好きだった趣味が楽しく感じられないというチェック項目です。当てはまるチェック項目が多くなった場合は、クリニックにかかることを考えてみるのをおすすめします。

メンタルの問題の多様化

かつては、人付き合いと言えば、職場や学校、家庭や近所付き合いというような、傍目でも分かる、目に見えるコミュニティがほとんどでした。現代社会は一昔前と比べ、個人がインターネット上で自分の主張や創作物を気軽に発表できたり、著名人や知らない人と討論さえ出来るように、より個人主義になっていると言えます。社会的な繋がりも、会社や学校、地域や職業、趣味など、より多様化していくことが考えられます。それに合わせて心の問題も非常に多様化していっています。いじめの内容も様々で、昔なら何の意味があって攻撃するのか全く分からなかったような問題も常に生じています。現代ならではの問題が背景にある事例が非常に増えています。姿の見えない相手におびえたり、脅迫されたりということは、普通の人でも起こりうることで珍しくありません。時代が変われば、それに生じる心の悩みも変わっていきます。時代のニーズや問題に合わせてそれに対応したクリニックが必要になり、重要な存在となることが予測できます。